グランドスラム伏見に勤務のミッチーが 車・バイクのカスタムや旅ネタをつぶやく為の 自己満足ブログです。 その他、グルメネタやドカ盛り挑戦も随時UPしていきます。
ミッチー
Author:ミッチー
車にバイクにグルメに、
イロイロと挑戦していきます。(#^.^#)
 
MotoGP第11戦オーストリアGP リザルト
2017-08-14 Mon 11:32
こんにちわ、ミッチーです。
昨日、レッドブル・リンク‐シュピールベルクで行われた

MotoGP第11戦オーストリアGP決勝

のリザルトをご報告させていただきます。

混戦で荒れまくっているMotoGPクラスですが、
マルケス選手がポイントリーダーに立ち、
ヤマハ勢が追いかける展開になってきました。

何とか巻き返したいヤマハですが、
ここからのホンダが強い!!゚( ̄◇ ̄;)

そんな中、優勝を勝ち取ったのは!?

第1位 ドゥカティ
アンドレア・ドビツィオーソ選手

ドビツィオーソ
今季3勝目、最高峰クラスで4勝目!!

コーナーリング性能で安定せず、
伸び悩んでいたドビツィオーソ選手が見事3勝目です!!
なんとランキングも大きく動き2位浮上!!
マルケス選手の背中が見えてきましたよ。ヽ(・∀・)ノ
ただ、ドゥカティのマシンはコースとの相性が大きく出てしまうのが、
心配の種ですね。^^;
IMG_4508.jpg

第2位 レプソルホンダ
マルク・マルケス選手

マルケス
接戦のトップ争いで惜しくも2位!!

終盤、トップを走るドビツィオーソ選手に猛プッシュ!!
最終ラップまで激しいデッドヒート状態でしたが、惜しくも2位フィニッシュ。
しかし、確実にポイントを稼ぎポイントリーダーを守りました。^^
ここからがホンダの粘りの見せどころですよ。

第3位 レプソルホンダ
ダニ・ペドロサ選手

ペドロサ
3戦連続7度目の表彰台を獲得!!

まさにファンタスティック!!
優勝こそ少ないですが、堅実に表彰台を守り、
ポイントを稼ぐのは正に職人技です!!
そして今回も、上位に食い込む見事なフィニッシュでした!!
これで、ペドロサ選手の優勝の目が見えてきましたよ。

第4位 ドゥカティ ホルヘ・ロレンソ選手 
第5位 モンスターヤマハTECH3 ヨハン・ザルコ選手
第6位 モビスターヤマハ マーベリック・ビニャーレス選手
第7位 モビスターヤマハ バレンティーノ・ロッシ選手
第8位 アスパーチーム アルベロ・バウンティスタ選手
第9位 アビンティアレーシング ロリス・バズ選手
第10位 KTMファクトリーレーシング ミカ・カリオ選手


久しぶりに上位にロレンソ選手が帰ってきました!!
注目のヤマハ勢は6・7位でフィニッシュと不振に終わりました。
ドビツィオーソ選手は今回の勝利で一気にランキングを上げてきましたよ。

第1位 マルク・マルケス選手 174P
第2位 アンドレア・ドビツィオーソ選手 158P
第3位 マーベリック・ビニャーレス選手 150P
第4位 バレンティーノ・ロッシ選手 141P
第5位 ダニ・ペドロサ選手 139P
第6位 ヨハン・ザルコ選手 99P
第7位 ホルヘ・ロレンソ選手 79P
第8位 ジョナス・フォルガー選手 77P
第9位 カル・クラッチロー選手 76P
第10位 ダニロ・ペトルッチ選手 75P


ポイントリーダーはマルケス選手が維持し、
ドビツィオーソ選手は2位にランクアップし、
マルケス選手と16P差に詰めてきました。
ペドロサ選手は今回の3位入賞で、4位ロッシ選手に
2P差まで詰めてきました!!
上位5人の差が35Pとなり、混戦は続きます!!

しかし後半戦になり、
ビニャーレス選手とロッシ選手に元気がない様に見えます。
ヤマハの挽回を切に願います!!

次回イギリスGPはシルバーストン・サーキットで、
27日に決勝レースが行われます。
お楽しみ~!!(≧∇≦)/
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
MotoGP第10戦チェコGP リザルト
2017-08-07 Mon 11:10
こんにちわ、ミッチーです。
昨日、アウトモトドローム・ブルノで行われた

MotoGP第10戦チェコGP決勝

のリザルトをご報告させていただきます。

混戦を極めるMotoGPの後半戦の初戦です。
1戦ごとにランキングが大きく変動する為、
ウェットからドライコンディションに変化する
全く予想が立たない難しい展開でしたが、
ポイントリーダーのマルケス選手が見事な勝利を修めました!!

第1位 レプソルホンダ
マルク・マルケス選手

マルケス
ポールトゥーウィンでシーズン3勝目!!

レインタイヤスタートでしたが、すぐに路面がドライに変わり、
僅か2周でマシンを乗り替える事になりましたが、
最初からドライセッティングのマシンを用意していた事が
功を奏したみたいです。^^
2位以下に大きなアドバンテージを取り、
独走状態で見事に勝利しました!!

第2位 レプソルホンダ
ダニ・ペドロサ選手

ペドロサ
惜しくも2位表彰台!!

マルケス選手と同じタイミングでマシン交換をしていれば、
トップ争いを出来た展開でしたが、堅実に2位を獲得してくれました。
チャンピオンシップランキングでも大きく詰め寄ってきましたよ!!

第3位 モビスターヤマハ
マーベリック・ビニャーレス選手

ビニャーレス
堅実に3位表彰台を獲得!!

予選では、マシンセッティングに不安を述べており、
かなり不利な状態でのレースでしたが、
何とか表彰台に滑り込めた様です。
しかし、原因が解消されていない現状では、
後半戦に不安を残した結果ですね。

第4位 モビスターヤマハ バレンティーノ・ロッシ選手
第5位 LCRホンダ カル・クラッチロー選手
第6位 ドゥカティ アンドレア・ドビツィオーソ選手
第7位 OCTOパーマックレーシング ダニロ・ペトルッチ選手
第8位 アプリリアレーシング グリシーニ アレクシ・エスパルガロ選手
第9位 レッドブルKTM ポル・エスパルガロ選手
第10位 モンスターヤマハTECH3 ジョナス・フォルガー選手


久しぶりにエスパルガロ兄弟が10位内に入ってきました!!(-^〇^-)
今年の2人はマシン性能の為か?余り上位で見掛けないですね。^^;
個人的には好きなライダーですので、頑張って欲しいところです。

さて、混戦状態のランキングはマルケス選手が今回の優勝で
頭一つ飛び出してきました!!

第1位 マルク・マルケス選手 154P
第2位 マーベリック・ビニャーレス選手 140P
第3位 アンドレア・ドビツィオーソ選手 133P
第4位 バレンティーノ・ロッシ選手 132P
第5位 ダニ・ペドロサ選手 123P
第6位 ヨハン・ザルコ選手 88P
第7位 ジョナス・フォルガー選手 77P
第8位 ダニロ・ペトルッチ選手 75P
第9位 カル・クラッチロー選手 75P
第10位 ホルヘ・ロレンソ選手 66P


マルケス選手とビニャーレス選手の差は14P差にまで広がりました。 
しかし依然として1位から4位までが僅か22P差です。
ヘタをすると1レースでひっくり返る展開ですね。

今回優勝のマルケス選手にしても、新型フレームが間に合っていなかったり、
ビニャーレス選手もマシンセッティングに不安が残っています。
まだまだ上位2人に隙はありそうですよ。( ̄▽ ̄)

レース後のオフィシャルテストの結果が、
大きな山場になりそうですね。

さて、次戦オーストリアGPは8月13日に決勝レースが行われます。
お楽しみ~!!(≧∇≦)/
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
晴れの休みはバンク三昧!!・・・とはいかず。orz
2017-08-03 Thu 10:22
こんにちわ、ミッチーです。
久しぶりに休みの水曜日が晴れました!!

こんな日は、朝から夕方まで1人ツーリングで
バイクに乗りまくる!!・・・事は出来ず。orz

お昼から食材の買出し&病院など用事がイッパイ。Σ(゚д゚lll)

それでもなんとかバイクに乗る為に朝7時に起床!!
さっさと用意をして亀岡へGO!!
IMG_4471.jpg
一気に亀岡某所のコンビニに到着。

朝の気温は25度程度なので、非常に快適です。^^
意外に夏の朝ツーリングはアリかも。( ̄▽ ̄)

余り時間がないので、休憩もそこそこに出発です。^^;

ここからの山道は涼しくてすこぶる快適でした。^^
気持ちの良い木漏れ日を堪能していると、
あっという間に美山に到着。^^
IWYS0465.jpg
到着時間は朝9時ですので、
車もバイクもほとんどいません。^^;

11時には家に帰らねばならないので、
ここからトンボ帰りです。
まだまだ、走り足りないぜ・・・。(´Д` )

周山街道を南下していくと、
除草作業の為、何箇所も片側一方通行・・・。
高台寺を過ぎた当たりで、気温も上がってきて、
蒸し風呂状態・・・。Σ(゚д゚lll)

さらに渋滞にはまり、電動ファンが全開始動!!

オイルクーラーの熱風が右足に直撃!!
暑すぎて死ぬ!!《゚Д゚》

天神川ファクトリーさんで休憩させていただいてから、
無事に帰宅しました・・・。^^;

気持ちいいのは、本当に朝の間だけですね。
京都の夏は半端ないです・・・。orz

しばらくは、朝ツーリングがメインになりそうなミッチーでした。^^;
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
「ヤマハファクトリーレーシングチーム」、鈴鹿8耐3連覇達成!!
2017-07-31 Mon 10:33
こんにちわ、ミッチーです。
やりました!!やりましたよ!!O(≧▽≦)O

ミッチーが応援しておりました

「ヤマハファクトリーレーシングチーム」


見事にポールトゥーウィンを決め、
ヤマハ史上初となる鈴鹿8耐3連覇を勝ち取りました!!
IMG_4449.jpg
レース中、大きなトラブルも無く216周を危なげなく走り、
王者の風格を見せつけてくれました!!
IMG_4452.jpg
強い!!強すぎる!!O(≧▽≦)O

昨年までは唯一の新型マシンだったので、
性能に助けられた様に見られていました。
各メーカー新型マシンが供給された今年の勝利は、
ヤマハにとっても「YZF-R1」の真価を証明した様なものですね。^^

中須賀選手・ローズ選手・マーク選手、
8時間お疲れ様でした!!(≧∇≦)/
IMG_4454.jpg

第2位は、
「Kawasaki Team GREEN 」!!
IMG_4455.jpg
かなり苦しいレース展開でしたが、
常にトップ集団に残り、見事2年連続表彰台を獲得!!
今年はベテラン柳川選手が抜けたりして、
チームメイトに不安があったのですが、
エガーター選手やハスラム選手の活躍が見られましたね。^^

第3位は、
「F.C.C. TSR Honda」!!
IMG_4456.jpg
ホンダ勢では久しぶりの表彰台です。^^
若干トラブルを含みましたが、
常にトップ集団を維持して見事な表彰台です。^^
新型「CBR1000RR」の性能を証明してくれましたね。

4位 「MuSASHi RT HARC-PRO.Honda」
5位 「YART-YAMAHA」
6位 「Honda Dream Racing」
7位 「ヨシムラ スズキ MOTUL レーシング」
8位 「SatuHATI Honda Team Asia」
9位 「MotoMapSUPPLY FutureAccess」
10位 「Honda Dream RT 桜井ホンダ」

「ハルクプロ」と「ヨシムラ」には、
十分にトップ争いが出来るポテンシャルがありましたが、
惜しくもトラブルに見舞わられて低迷してしまいました。

さらに11位でレースを終えた
「GMT94 Yamaha Official EWC Team」が、
3度目となる世界耐久選手権のチャンピオンを獲得!!
IMG_4450.jpg
20431712_10154592207111644_4507851063255805957_n.jpg

5位の「YART Yamaha Official EWC Team」
ランキング3位に入りました!!
20525212_715074545367310_9044839304299622264_n.jpg

上位チームのみをご紹介しましたが、
全てのライダーにドラマがあった鈴鹿8耐でした。
辛くも苦しいレースを完走した全てのライダー、
ピットスタッフの皆様に深く御礼を申し上げます。

感動をありがとう!!m(_ _)m
IMG_4458.jpg
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
「YAMAHA FACTORY RACING Team」がポールポジション獲得!!
2017-07-29 Sat 18:05
こんにちわ、ミッチーです。
速報です!!

「鈴鹿8耐TOP10 TRIAL」を
「ヤマハファクトリーレーシングチーム」がトップを取り、
見事ポールポジションを掴みとりました!!(≧∇≦)/
IMG_4428.jpg

2位には、「ヨシムラスズキ MOTUL レーシング」!!
20476332_2013123845380092_7659533527875241156_n.jpg

3位には、「Kawasaki Team GREEN」!!
IMG_4429.jpg

やはり王者ヤマハは強い!!゚O(≧▽≦)O
耐久レースにスターティングブロックは余り影響しないかもしれませんが、
V3の期待は高まりますね。(-^〇^-)

頑張れ、中須賀選手!!
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
| ミッチーのヒトリゴト | NEXT