グランドスラム伏見に勤務のミッチーが 車・バイクのカスタムや旅ネタをつぶやく為の 自己満足ブログです。 その他、グルメネタやドカ盛り挑戦も随時UPしていきます。
ミッチー
Author:ミッチー
車にバイクにグルメに、
イロイロと挑戦していきます。(#^.^#)
 
バンディット1250 MIX-GT充填
2014-09-30 Tue 18:31
こんにちわ、ミッチーです。
先日、バンクから復帰したバンディットですが、
MIX-GTを入れていなかったので、
充填する事にしました。

毎度の事ですが、
当店では、ハイブリッド窒素ガスMIX-GTを
オススメさせていただいております。

ミッチーもバンディット・エッセ共にMIX-GTを使用しています。

利点としては、通常の窒素ガスよりも
粒子の密度が細かく結合性が高いので
空気の減りを低減出来ます。

さらに一番有効なのは、
温度による空気圧の増減が少ない事です。
通常の空気には、水分が含まれているので、
温度が高くなると膨張し、
温度が低くなると収縮してしまいます。
つまりタイヤの温度が上がると空気圧は増加し、
タイヤの温度が下がると空気圧は低下してしまう訳です。

MIX-GTを使用すると言うことは、
タイヤの一番美味しい空気圧を維持する事が出来るので、
オススメさせていただいているんですよ。o(^▽^)o

と言う訳でミッチーのバンディットに装着した
「Racetec Interract street K3」にも充填してあげましょう。^^

バイクにMIX-GTを入れるときは、
あえて一手間を掛けて「真空抜き」をします。
「真空抜き」とはタイヤ内を強制的に減圧してしまい、
内部の空気を限りなくゼロに近くしてしまう作業です。

エアバルブに繋いでから、一気に減圧します。
IMG_0321.jpg

するとタイヤが凹んで、こんな形になります。^^
フロント          リア
IMG_0322.jpg IMG_0323.jpg

完全に内部の空気が無くなってから、
MIX-GTを充填します。

今回は、ハイグリップタイヤを使用する事にしたので、
空気圧をフロント200kPa・リア220kPaと
今までよりも低くしました。

さてさて、実際の乗り味はどうでしょうか?
早く試してみたいところですが、
まずは、ちゃんとメンテナンス&洗車をしてからにします。
また、タイヤの感想は後日試乗レポをUPしますので、
お楽しみに~。(≧∇≦)/
別窓 | お仕事 | トラックバック:0 |
| ミッチーのヒトリゴト | NEXT