グランドスラム伏見に勤務のミッチーが 車・バイクのカスタムや旅ネタをつぶやく為の 自己満足ブログです。 その他、グルメネタやドカ盛り挑戦も随時UPしていきます。
ミッチー
Author:ミッチー
車にバイクにグルメに、
イロイロと挑戦していきます。(#^.^#)
 
鈴鹿8耐、予選暫定1位は「ヤマハファクトリーチーム」!!
2017-07-29 Sat 10:57
こんにちわ、ミッチーです。
昨日、鈴鹿サーキットで開催されました

「鈴鹿8耐 公式予選」

のリザルトをご報告させていただきます。

今年から予選の選抜方法が世界耐久(EWC)方式に変わり、
ミッチーも見ていて混乱してしまいました。

参加ライダー3人がそれぞれタイムアタックして、
3人のベストタイムの平均を競う方式になっております。

つまり、例年の様に3人に誰かがトップタイムを出しても、
他の2人のライダーが遅ければNGと言う事ですね。

なんとも厳しいルールに変更されましたが、
そんな予選を勝ち取ったのは、
やはりV3を目指す王者でした!!

予選1位
YAMAHA FACTORY RACING TEAM
予選平均タイム:2分07秒116
予選1位 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

予選2位
ヨシムラスズキ MOTUL レーシング
予選平均タイム:2分07秒523
予選2位 ヨシムラスズキ MOTUL レーシング

予選3位
MuSASHi RT HARC-PRO.Honda
予選平均タイム:2分07秒538
予選3位 MuSASHi RT HARC PRO Honda

予選4位
Kawasaki Team GREEN
予選平均タイム:2分07秒867
予選4位 Kawasaki Team GREEN

予選5位
F.C.C. TSR Honda
予選平均タイム:2分07秒919
予選5位 FCC TSR Honda

予選6位
YART-YAMAHA
予選平均タイム:2分08秒176
予選6位 YART-YAMAHA

予選7位
Team KAGAYAMA
予選平均タイム:2分08秒553
予選7位 Team KAGAYAMA

予選8位
MORIWAKI MOTUL RACING
予選平均タイム:2分08秒796
予選8位 MORIWAKI MOTUL RACING

予選9位
Honda鈴鹿レーシングチーム
予選平均タイム:2分08秒984
予選9位 Honda鈴鹿レーシングチーム

予選10位
Satu HATI. Honda Team Asia
予選平均タイム:2分09秒295
予選10位 Satu HATI Honda Team Asia

1位がヤマハ、2位がスズキ、3位がホンダ、4位がカワサキと
見事に上位4位のメーカーが割れました。^^
各メーカー共の新型バイクの性能が横一列な事を伺わせますね。( ̄▽ ̄)

以上トップ10チームで、
「TOP10 TRIAL」が本日行われます。

各チーム3人のライダーが一発本番のタイムアタックをして、
スターティンググリッドが決定致します!!

「TOP10 TRIAL」は15:30~17:00に開催されます。
結果は、後程アップさせていただきます!!

なお、公式予選のリザルトリストは以下の様になっております。
参考までに。^^
予選リザルト1 予選リザルト1 予選リザルト3


別窓 | バイク | トラックバック:0 |
「2017 "コカ・コーラ"鈴鹿8耐 第40回記念大会」本日より開幕!!
2017-07-28 Fri 12:57
こんにちわ、ミッチーです。
待ちに待った

「2017 "コカ・コーラ"鈴鹿8耐 第40回記念大会」

が本日より開幕致しました!!゚(≧∇≦)/
20294315_1514229428616136_7108262803775369963_n.jpg
初日の28日は、8耐・4耐の予選走行が行われております。
20429812_496833493991538_7280048854597628740_n.jpg
20264952_1608453012512876_3969410424871329535_n.jpg
20264830_1398478073522496_9048609476798004178_n.jpg
19990484_329742764143133_8415708883693862849_n.jpg
20476344_1515611761834143_3388856106819736150_n.jpg

どのチームも威信を掛けてレースに望みます!!
ミッチーの本命は「YAMAHA FACTORY RACING」ですが、
皆様はどのチームを応援していますか?( ̄▽ ̄)

30日の本戦が非常に楽しみですね。
予選の結果は明日アップさせていただきます。

現地で応援されている皆様、
熱中症には十分注意して、ライダーにエールを贈ってくださいね!!
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
鈴鹿8耐にレジェンドライダー達が集結!!
2017-07-11 Tue 18:17
こんにちわ、ミッチーです。
待ちに待ったバイクの祭典

「コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久レース」

まで3週間を切りました!!
19894998_1497278846977861_5440390490041729085_n.jpg
各チームともに徐々にライダーが決定し、テスト走行も始まりましたよ。^^

さて今回は、今年の8耐のイベントについてご紹介致します。

一番の注目はレジェンドライダーのトークショーやデモランですね。^^
現在のところ6人ものレジェンドライダーのイベントが予定されております。

言わずと知れた「キング・ケニー」ことケニー・ロバーツ氏!!
kenny-roberts.jpg
なんと伝説の85年の「TECH21 FZR(0W74)」をデモラン!!
8tai-eve-01.jpg

初代鈴鹿8耐優勝ライダーのウェス・クーリー氏!!
cooley_2_01.jpg
1978年の鈴鹿8耐第1回大会で、
ヨシムラのライダーとしてマイク・ボールドウィンと参戦。
優勝候補のホンダ勢を抑え、記念すべき初代ウィナーとなりました。
ちなみにミッチーはクーリー氏の事を「プロジェクトX」で知りました。^^;
「ヨシムラスズキ GS1000 (レプリカ)」でデモランを予定!!
8tai-eve-02.jpg

ウェス・クーリー氏と1980年の第3回大会でチームを組み、
ヨシムラ(チーム名:ヨシムラ・ジャパン)を優勝に導いた
グレーム・クロスビー氏!!
crosby.jpg
第3回大会のヨシムラ・ジャパンチームの2人が集結!!
なんとも豪華な取り合わせですよね。(≧∇≦)/
第3回優勝マシンの「ヨシムラR&D GS1000R」でデモランを予定!!
8tai-eve-03.jpg

1993年の元WGP500チャンピオンとしてミッチーも大ファンの
ケビン・シュワンツ氏!!
0707schwantz.jpg
新型「GSX-R1000」とのイベント企画でデモランを予定しているそうです。
showLrncimg_2017071117344709e.jpg

そして日本のレジェンドと言えばこの人!!
平忠彦氏!!
2017-07-10taira-main_2017071117263837e.jpg
「TECH21」の勇姿は今だに伝説ですよね。^^
残念ながらドモランの予定はなくトークショーのみみたいです。
ノリで乗ってくれないかな?^^;

レジェンドライダーではありませんが、
「チームKAGAYAMA」のユッキーこと加賀山就臣選手が
2007年優勝マシンの「ヨシムラ スズキ with JOMO 34 GSX-R1000」で
デモランを予定しております。
8tai-eve-04.jpg

他にも今年の8耐は音楽イベントも開催されます。
「音楽イベント 8フェス」
8フェス
8fes_main.jpg
「175R」「nobodyknows+」「Cellchrome」「吉田山田」など、
若手アーティストが集結する音楽フェスです。

個人的に「森友嵐士」さんの参加が気になっていたりします。^^;

ブログを書きながら、
本当に楽しそうで参加する人が羨ましくなってきました・・・。(´Д` )
ミッチーは毎年事ながら仕事があるので参加出来ませんが、
時間のある方は、是非鈴鹿へ遊びに行ってみてください。

そして、ミッチーに土産話と写真をいっぱい撮ってきてください。^^
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
「ドゥカティ パニガーレ」Lツインエンジンファイナルモデルを発表!?
2017-07-11 Tue 13:05
こんにちわ、ミッチーです。
SBKで活躍中のドゥカティのSSモデル
「ドゥカティ 1299パニガーレ」のファイナルモデルが
発表されました!?

「ドゥカティ 1299パニガーレR
ファイナルエディション」

800x600xf99687dd719c4e8bc6a39e94.jpg
パニガーレシリーズに採用され続けていた
ドゥカティの伝統的エンジンであったLツインエンジンが
これで最後になるそうです!!Σ(゚д゚;)

その最後を記念してのスペシャルバージョンですので、
装備も充実の逸品ですよ!!

1299スーパーレッジェーラの派生エンジンを積むこのファイナルエディションは、
11,000回転で209馬力を発生!!

Ducatiコルセによって開発された超コンパクトなモノコック構造のフレームは
エアボックスとシャーシの中心的な役割を果たしており、
1299パニガーレRファイナルエディションの重量は僅か179kgとなります。

シャーシセットアップに関してはパニガーレRと同様で、
オーリンズ製サスペンションを備えキャスター角は24°となります。

Euro4を満たしたアクラポビッチ製のオールチタンエキゾーストは、
ワールドスーパーバイク選手権で戦うパニガーレRのデザインが
採用されています。
800x534x3fb5ed13afe8714a7e5d13ee.jpg
さらには全ての車体にシリアルナンバーが振られ、
プレミアム感満載ですね。^^
hellotov42018-1.jpg
日本での導入は 11月を予定しており、
メーカー希望小売価格は4,550,000 円(税込)となります。

450万円オーバーとは非常に高価なバイクですね。^^;

来年のモーターサイクルショーで展示されるかもですね。
非常に楽しみです。( ̄▽ ̄)

そして気になる次期パニガーレのエンジンですが、
なんとV4エンジンの噂が立っております。Σ(゚д゚;)
でも、それってドゥカティファンにとっては微妙かも・・・。

はてさて、どうなることやら・・・。^^;
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
MotoGP第9戦ドイツGP リザルト
2017-07-03 Mon 14:35
こんにちわ、ミッチーです。
昨日、ザクセンリンクで開催されました

MotoGP第9戦ドイツGP決勝

のリザルトをご報告させていただきます。

接戦に次ぐ接戦で、全く予想が出来ない展開を
続けるMotoGPですが、若き王者が動き出しました!!

第1位 レプソルホンダ
マルク・マルケス選手

マルケス
ザクセンリンクで8年連続ポールトゥーウィン!!

まさに、ザクセンリンクのキング!!
しかし、決して楽な展開ではありませんでした。
中盤からペースを上げ、ライバル達が引き離される中、
フォルガー選手とペドロサ選手が追走!?
トップでありながら、常にプッシュを続けなければならない、
非常に苦しい展開となりました。
しかし、今回の優勝でついにポイントリーダーとなり、
王者マルケスの存在を見せつけてくれましたね。^^
マルケス2

第2位 モンスターヤマハTECH3
ジョナス・フォルガー選手

フォルガー
地元で見事表彰台獲得!!

序盤はトップを走り、中盤マルケス選手に抜かれてからも、
強烈なプッシュを繰り返しておりました。^^
後半のターン1でのミスがなければ、
まさかの初優勝があったかもしれない展開でした。^^

第3位 レプソルホンダ
ダニ・ペドロサ選手

ペドロサ
予選の調子が出ず、惜しくも3位表彰台!!

練習走行・予選ともに状態が良かったのですが、
決勝ではイマイチ乗り切れなかった様です。
やはり、フォルガー選手に引っ張られてしまい、
ペースを崩したのでしょうか?
とは言え、3位表彰台は見事です。^^

第4位 モビスターヤマハ マーベリック・ビニャーレス選手
第5位 モビスターヤマハ バレンティーノ・ロッシ選手
第6位 アスパーチーム アルベロ・バウンティスタ選手
第7位 アプリリアレーシング グリシーニ アレクシ・エスパルガロ選手
第8位 ドゥカティ アンドレア・ドビツィオーソ選手
第9位 モンスターヤマハTECH3 ヨハン・ザルコ選手
第10位 LCRホンダ カル・クラッチロー選手


不振続きだったビニャーレス選手は4位と好走!!
ロッシ選手も5位で堅実にポイント獲得です。
しかし、ポイントリーダーだったドビツィオーソ選手がまさかの8位と低迷。
これにより、ランキングが大きく動きました!!

第1位 マルク・マルケス選手 129P
第2位 マーベリック・ビニャーレス選手 124P
第3位 アンドレア・ドビツィオーソ選手 123P
第4位 バレンティーノ・ロッシ選手 119P
第5位 ダニ・ペドロサ選手 103P
第6位 ヨハン・ザルコ選手 84P
第7位 ジョナス・フォルガー選手 71P
第8位 ダニロ・ペトルッチ選手 66P
第9位 ホルヘ・ロレンソ選手 65P
第10位 カル・クラッチロー選手 64P


マルケス選手がポイントリーダーに躍り出ました!!
ビニャーレス選手も5P差でマルケス選手を追いかけます。
ドビツィオーソ選手は残念ながら1位から3位へ転落です。
しかし、相変わらず1位から5位までが混戦状態ですね。
まだまだ余談が許さないMotoGPです。

次戦チェコGPは、ブルノ・サーキットで8月6日に決勝レースが
開催されます。
お楽しみに~!!(≧∇≦)/
別窓 | バイク | トラックバック:0 |
BACK | ミッチーのヒトリゴト | NEXT